駄文日記製作所 第三分室

毎日日記に書くことがあるような生活したいよねって 何もなかった日はキーボードの上をネコが歩くことで書かれています

読書

【読書】気になるタイトル付けがうまい【交換殺人には向かない夜】

今年は結構本を読めているのだが、読んでいる割に感想が書けていないのでここらでひとつ書くことにした。 これは東川篤哉の烏賊川市シリーズの4作目にあたる作品である。3作目の『完全犯罪に猫は何匹必要か』は過去に読んだが1作目と2作目を読んでいない。ど…

【読書】個人的暫定No.1ミステリ【medium 霊媒探偵城塚】

7月7日に相沢沙呼の霊媒探偵城塚翡翠シリーズの新刊『invert』が発売されたのでそのシリーズ1作目である『medium』を読み返した。私がこの作品を最初に読んだときは宝島社のこのミステリーがすごい、原書房の本格ミステリ・ベスト10、Apple Booksのベストブ…

【読書】桐島って何部か知ってる?【桐島、部活やめるってよ】

『桐島、部活やめるってよ』というと、みんな名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。映画化されたのでそれで耳にしたことがあるという人が多いと思う。私もその1人である。この本は朝井リョウの作品で、これも映画化された『何者』などの作者であ…

【読書】こんな時期に旅エッセイなんて読むんじゃなかった【ももこの世界あっちこっちめぐり】

『ももこの世界あっちこっちめぐり』を読んだ。ももこというのは『ちびまる子ちゃん』の作者であるさくらももこ先生のことで、この作品は先生による旅エッセイになっている。構成としては スペイン・イタリア編 バリ島編 アメリカ西海岸編 パリ・オランダ編 …

【読書】人を助ける前に自分を助けろ【自助論】

「この本を読めばあなたも早起きしたくなる」 という言葉でオススメされていたり幾つかのサイトでオススメされているのを見たので読んでみることに。 「自助」とは文字通り自分を助けるという意味で、この本では自分を助けるためにはこうあれといったことが…

【読書】結果だけじゃなく過程も楽しめる、そんな大人に私はなりたい【こう観ればサッカーは0-0でも面白い】

福西崇史の『こう観ればサッカーは0-0でも面白い』を読んだ。 元々0-0でもサッカーを面白く見れるタイプの人間ではあったが、この世に少なからず存在する「サッカーはあんまり点が入らないから面白くない」派を撲滅するためにこの本を手に取った。 この本で…

【読書】読書モチベのあるときとないときの差が激しい【キスまでの距離】

おすすめの本をあげる掲示板を読んでいたところ、『おいしいコーヒーのいれ方』という書き込みを見つけた。 目に止まった理由はコーヒーが好きというだけだったが、それに対して 「シーズン2がなぁ」 「シーズン1はよかったけど」 というような意見がいくつ…