駄文日記製作所 第三分室

毎日日記に書くことがあるような生活したいよねって 何もなかった日はキーボードの上をネコが歩くことで書かれています

クッッソ暑いのもたまには趣がある……かもしれない

夏の暑い日の昼頃のクーラーの効いた部屋から出たときの暑い廊下の感じが好きなのだが分かる人はいないだろうか。涼しい部屋にいたからクソ暑い廊下も暖かいくらいに感じられるし、何か懐かしい感じもする。小学生くらいの夏休みを思い出すのかもしれない。

 

あの頃はクーラーの主導権がなかったので親が付ける判断をしない限り、暑い部屋を扇風機だけで凌がなくてはいけなかった。しかし今は自分の部屋を持ち、クーラーの主導権もある。いつでも好きなときに好きな温度でクーラーを動かすことができる。これが大人になったということなんだろうか、電気代を自分で払っていないので多分違う気がする。

 

あの頃は冷蔵庫に1.5リットルの炭酸飲料が常備されていて、毎日喉を潤していた。1日1杯までという雰囲気があったので(明確なルールはなかった気がする)なるべく大きいコップを使っていたのを覚えている。今では好きなタイミングで自分の買ってきたコーヒー豆を挽きアイスラテなんかを作って飲んでいる。これは完全に大人になっている。自分で豆を買ってコーヒーを淹れている小学生なんてそうはいない。いたら弟子入りさせていただきたい。

 

あの頃はクソ暑くてもしょっちゅう外で遊ぶ小僧だった。それがいまではクーラーの効いた部屋に籠もり、ゲームばっかりやっている。この暑さの中移動するだけで疲れてしまう。こんな状況で鬼ごっこなんて考えられない。これが大人になるということか…

 

いや大人というかおじいちゃんでは??なんならそのへんの老人のほうが毎日散歩したりしていてよっぽど健康かもしれない。

 

体を動かすのは好きだが、今の私の体はたぶん動ける体じゃない。体力も相当落ちている。何か楽しくて続きやすい運動誰か教えて下さい。

 

 

#65